針脱毛 効果

毛穴に針を挿して電気を通す針(ニードル)脱毛

針(ニードル)脱毛とは、毛穴に針を挿して電気を通し、毛根を破壊して毛を生えなくするという脱毛法です。

 

一昔前の針脱毛は、電気を通す際に皮膚にもダメージがあり、痛みが強い、ヤケドや色素沈着が起きやすいなどといわれていました。

 

最近では皮膚に触れる部分には絶縁体を使っているため、そのようなことはなくなりました。

 

施術に合わせて無痛処置や冷却処置なども施されるため、痛みもほとんどありません。また、針を挿入するとき

 

毛根を電気で完全に破壊するため、永久脱毛が可能です。

 

ただ、毛には1本1本毛周期(ヘアサイクル)があり、脱毛に大きく関わってきます。

 

そのため、脱毛を完了させるには部位によっても差がありますが、半年から2年ほどの期間が必要です。

 

医療行為であるため、エステサロンでは行うことができません。

 

施術にはある程度の技術も必要となるため、最近ではレーザー脱毛の方に重点をおくクリニックが増えてきています。

 

レーザー脱毛も医療行為と見なされ、エステサロンでは行えない方法です。

 

レーザー脱毛が医療機関の脱毛での主流になってきたとはいえ、針脱毛は確実に毛根に作用して脱毛を促すこと、レーザー脱毛では処置できない部分にも脱毛が行えるということで、根強く人気のある脱毛法です。

 

気になる効果を持続性について

針脱毛は、針を毛穴に挿して電気を通し、毛根を破壊するという直接的ともいえる脱毛法です。

 

きちんと電気が通っていれば、毛根は完全に破壊され、そこから毛が生えてくることはあり得ません。

 

一般的に、永久脱毛といえるのは針脱毛のみであるとされています。確実に脱毛したい部分、例えばワキなどに針脱毛は向いているでしょう。

 

今生えている毛を全て処理しても、時間が経つと再び毛が生えてきてしまうことがありますが、これは毛周期のせいです。

 

毛の1本1本には毛周期が存在し、毛が生える、伸びる、抜ける、を繰り返しています。

 

針脱毛以外の方法にもいえることですが、脱毛は毛周期を踏まえて行わなければいけません。

 

そのため、部位によっても差がありますが、完全に脱毛をするには半年から2年ほどが必要となります。

 

最近人気があるのはレーザー脱毛や光脱毛ですが、こちらは針脱毛よりも確実性に劣る方法です。通常より毛量の多い人などは効果を感じにくいことが多いようです。

 

そういった人は、針脱毛の効果をより強く実感できることでしょう。もしも、レーザー脱毛や光脱毛に満足できていないというのであれば、針脱毛を検討してみてはいかがでしょうか。